読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

全体として連続を把握できない部分の集合を #memo

考察

2012-05-22

1

全体として連続を把握できない部分の集合を、心的なものとみなさなければならないとき、わたしたしはそれを「無意識」とよぶ。
人間が類的存在であるというのは、現在が普遍的な層に於いてあるということである。現在から普遍へとはせのぼってゆくときに、おおくの集合的な層をとおってゆかなければならない。意識の時間が複線的であるということの意味だ。

cf. [死に瀕した者を目のあたりにすると #memo http://c4se.hatenablog.com/entry/2012/05/11/212648 ]
[すぐ世界同時性とか主体の構造とか表層とかいいやがる #memo http://c4se.hatenablog.com/entry/2012/05/22/115433 ]

2

作品が作品以外の文章に対立するとは、作品以外の文章が作品の剰余ではないという関係を指すので、つまり価値の秤量を云っているのではないという、それだけのことである。

文章はこの上なく明快だが、その明快さが、雲を掴むような明快さである。何処かで作者が身を交わしているような不安がしてならない。

3

死に瀕した者に就いて