c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

sudo時にpathが通ってない→sudoersでpathを設定

rbenvでユーザーhome以下にrubyをセットしたSacchanは、sudo bundleが"sudo: bundle: command not found"と云う結果に至る事を知り、パスが…パスが…と電網のグルを訪ね歩く旅の中、

alias sudo='sudo env PATH=$PATH'

とすれば好いと云う幾多もの文言を、引き攣りつつ通り抜け、sudoersでsudoの設定が様々に成される事を知るに至ったのでありました。上記のは、なんか…なんかイヤ……。


(冒頭の問題は、sudoの必要を無くして解決しました。必要無いなら無い方が好い。)

$ sudo visudo

で、さぁsudoersの編集へゆくのです。

Defaults	env_reset
Defaults	secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/bin:/home/yourusername/node_modules/.bin:/usr/local/nginx/sbin:/home/yourusername/.rbenv/bin:/home/yourusername/.rbenv/shims

此う成った。いいのか。sudo bundle exec ruby -vで1.9.3-rc1が出る様に成った、取り敢えず。
yourusernameは置き換えて下さい。Defaults secure_path = で指定したディレクトリ丈が、sudoのPATHに成る。


cf. [visudoでnanoなの→update-alternativesでvim - c4se記:さっちゃんですよ☆ http://d.hatena.ne.jp/Kureduki_Maari/20111007/1317988362 ]