読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

JSONを整形してからdiffをとるtool、diff-with-jsonを作った

JSONを整形してからdiffをとるtool、diff-with-jsonを作った。

github.com JSONをjq commandに通して整形し、colordiffが在れば其れを、無ければdiffを使って差分を表示する。

次のa1.jsonとa2.jsonが在ったとしやう。

// a1.json
{"m":42,"n":57}
// a2.json
{"m":42,"n":"parrot"}

.nを57から"parrot"に変へたものだ。此れをdiffで diff -u -L a1.json -L a2.json a1.json a2.json として差分を出すと斯う成って了ふ。

--- a1.json
+++ a2.json
@@ -1 +1 @@
-{"m":42,"n":57}
+{"m":42,"n":"parrot"}

JSONの構造は全く無視される。代はりにdiff-with-jsonを使へば diff-with-json -L a1.json -L a2.json a1.json a2.json として、

--- a1.json
+++ a2.json
@@ -1,4 +1,4 @@
 {
   "m": 42,
-  "n": 57
+  "n": "parrot"
 }

JSONの構造を保った差分が見られる。

情報をJSONで、一行に圧縮してGitやSVNに入れてゐる場合に好く使へる。特に svn diff と共に使ふ樣に作ってある。svn diff --diff-cmd diff-with-json と–diff-cmd optionとしてdiff-with-jsonを指定してやれば、SVNに一行にして格納してゐるJSONの差分が見易い。

使ふ時はjq commandと、diff或いはcolordiff commandが必要だ。

Crystalで作った。