c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

catで行を指定してその周辺を印字するにはsedを使ふ (行番号付き)

行番号を出力するにはcatに-n optionを付ける。あとはsedで切り抜く。

cat -n a.txt | sed -n "32,52p"

好い。面倒なので.bashrcに書く。
f:id:Kureduki_Maari:20141005144951p:plain

追記2014-10-07
syntax hilightingを行ふ為にPygmentsを使ふやうに追加した。

function cat-n() {
  local min=`expr $2 - 10`
  if test $min -lt 1; then
    min=1
  fi
  local max=`expr $min + 20`
  pygmentize $1 | cat -n | sed -n "$min,$max p"
}

cat-n a.txt 42 で同じ挙動に成る。雑な作りだがcatを縦横につかひこなさない限りだうでもいい。