読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

#Opera からCraving Explorerで[禁則事項です]をダウンロードするスクリプトを更新

Programming JavaScript Opera

[#Opera からCraving Explorer連携 http://d.hatena.ne.jp/Kureduki_Maari/20101111/1289479697 ]を以下に更新。
変更点:

  1. Operaが第一引数のURLに何故かバックスラッシュをつける様に成り、動かなく成っていたのを修正
  2. YouTubehttpsのURLを渡すと、Craving Explorerが「動画は無い」と言ってきていたのに対処
  3. エラーメッセージを追加
  4. ライセンスをMIT LicenseからPublic Domainへ変更

ボタンの設置法や、コンテキストメニューへの設置法等、更新前の記事コメント参照。

/*!{id:'opera-caving.js', ver:0.2, license:'Public Domain', author:'utakata.c4se@gmail.com'}*/

// Call from Opera Button or other actions
// Need Craving Explorer
// <a href='opera:/button/Execute Program, "C:\Documents and Settings\Nemu\My Documents\CravingExplorer\download\flv\opera-craving\opera-craving.js", "%U", "Craving", "Transfer Default"'>Craving</a>

(function () {

var craving = new ActiveXObject('CravingExplorer.Api'),
    url = WScript.Arguments(0).replace(/\\/g, '').
                               replace(/^https/, 'http');

try {
  if (!craving) {
    throw Error('No CravingExplorer found.');
  }
  if (!craving.IsVideoUrl(url)) {
    throw Error('No video found here. (URL: ' + url + ' )');
  }
  craving.AddDownloadItem(url, 'flv', true);
} catch (err) {
  WScript.Echo(err.name +'\n' + err.message);
}

}());