c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

東京私観から - 都市試論へ

きのう東京の神田から秋葉原まで歩いてきたが、階フロアが狭いビルが悉く多くて、驚きを禁じえなかった。
私は岡山、神戸、福井と住んできているが、そこでは高いビルはそれなりに広い階フロアを持っていた。福井に来て、広いからといって高いわけではないと思うようになったが、しかし高いビルはその高さに相応して広い。だから、秋葉原電気街の、狭く高くというのは全く異様な空間領用と思えた。

市川の駅前カラオケ店の内装も似た様相を思わせて、ちょうど或る知り合いの言う「ジャンク」を連想する。

そして東京全体が狭く高くする傾向があるわけではない。電車の窓から通りすがった限りでは、大抵は狭く低くか、広く高くである。神田をしばらく回った感想でもある。だから、秋葉原電気街のジャンクは東京の典型ではなく、例外だと言うこともできる。だがこのビル間の接続を無視した密度というのは、都市の速度を相殺すると考えられる。いわば想念の密集したした村落の状況をそのまま都市へ現出させれば、ジャンクになる。そう考えておけば、秋葉原は歩きやすい街だろう。


ネム☆
utakata.c4se@gmail.com
http://c4se.sakura.ne.jp/