c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programming に分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡)

音樂は SoundCloud 等に公開中です。

考察は現在は主に Scrapbox で公表中です。

Programming は GitHub で開発中です。

四十四週連續で本屋に行ってゐる

Swarm 調べで、四十四週連續で本屋に行ってゐる。四十四囘ではない。數えてゐないが多分八十囘くらい。どこかの土地に行って、目についた本屋は小さなものも大きなものもすべて入ってゐる。そして大抵買ってしまってゐる。その積もりはないんだけどさ。ん…待てよ、詰まり八十万くらい拂ってるって事…? …いや其んな訣でもあるまい (否認)。途中迄古本屋も連續記錄をつけてゐたが、BOOK OFF は古本屋で登錄されてゐても、もっと古い本を売ってゐる近所の店は古本屋でなくただ本屋として登錄されてゐたので、記錄を諦めた。遠出すると三軒は入るから、あれ、44 * 3 = …? 考へるのを止めた。

本を蒐集してゐる訣でもあるし、本を探索してゐるのでもある。なるたけすべての棚に行けるやうにしておくと探べるのが捗る。本屋に行くとなるたけすべての棚を眺める。興味を持てなければ見逃す訣だ。見逃してゐても、關心は培養されてゐる。或る時一語に惹きつけられて扉が開いてしまふ。すると蒐集が捗ってしまふ訣だ…。やめろよ、もう置く場所ねぇんだぞ。今は本屋の外で、Amazon であったり語の珍妙な組み合はせでひたすらググったり Wikipediaopen access の論文を讀んで集め、關心を培養できる。よかったですね。やめろよ。すべての棚を眺めるやうにしてゐると、本屋の色も見える。店員の詳しい分野詳しくない分野、一家言有りさうな分類陳列順、勿論册數は至上の事だ。大きな本屋は棚を眺め切れない、小さな本屋でしか目につかない本も有る、詰まり買うといふ事だ…。買った本は、何が書いてありさうかわかるくらいにはその日に目を通す。すると後で系統立って取り出し讀めるのだ。

四十四週より前はだうしてゐたか思ひ出すとたぶん Amazon で買ってゐた。Amazon を抑へると實地にゆく…って事!? もう駄目だ。