読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

astyleを使ひdotnet/CodeFormatterがコンパイルできない環境でC#をlintする

題名で此の記事の内容は終はる。
私はVim (NeoVim) 使ひなので、IDEは殺す。IDEのコードフォーマッターはコマンドラインから呼び出せない限り殺す。Unity附属のMonoDevelopは殺す。
C#にはCodeFormatterと云ふ公式のコードフォーマッターが在る。此れを使ひたかったのだが、OSXコンパイルできなかった。
仕方が無いので、astyleと云ふコードフォーマッターを探してきた。

#!/bin/bash -eux
CodeFormatter="astyle --indent=tab=8 --indent=force-tab=4 --indent-cases --indent-namespaces --min-conditional-indent=0 --pad-oper --pad-header --delete-empty-lines --add-one-line-brackets --keep-one-line-blocks --lineend=linux --formatted"
find Assets/Scripts/ -name '*.cs' -exec $CodeFormatter {} \;
find Assets/Editor/ -name '*.cs' -exec $CodeFormatter {} \;
find Assets/ -name '*.cs.orig' | xargs rm
# vim:set ft=sh:

用は足せる。此れをCodeFormatterと云ふファイル名で保存して、./CodeFormatterとして使ってゐる。悲しい。
EditorConfigと組み合はせて使ってゐる。

root = true

[*.cs]
charset = utf-8
end_of_line = lf
indent_style = tab
insert_final_newline = true
trim_trailing_whitespace = true