c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

phpenv install (php-build無し) にconfigure optionを追加する

anyenvでphpenvを使うてゐます。php-buildは入れてゐませんでした。phpenvは獨力[独力]でphpenv installができます。

Threadを使ふにはZTS付きでcompileせねばならない

Threadを使ひたかったのです。pthreadsのPECLパッケージを入れなければいけません。PECLパッケージを入れるのは簡単です。peclコマンドを使へばよいだけでした。

cf. phpenvで入れたPHPPECLパッケージを入れるには悩まずにPECLコマンドを使へば好い http://c4se.hatenablog.com/entry/2014/11/03/083115

さて、sudo pecl install pthreadsするとエラーが出ます。ZTS付きで再コンパイルせよと命じられます。phpenvのデフォルトではnon-ztsのやうですね。
さて、ZTS付きにする為にphpenv installしなおさうとおもひます。ZTSを有効にするには、configureのオプションで --enable-maintainer-zts をつければよいやうです。php-buildでconfigureのオプションを変へるには、専用の設定ファイルに書けばよいやうです。では、phpenv installでconfigureオプションを設定するにはだうすればよいのでせう。
phpenv/libexec/phpenv-install を覗きます。デフォルトのconfigureオプションを設定した後で、PHPENV_CONFIGURE_OPTS 環境変数が指定してあれば、configureオプションに追加するやうに書いてあります。この環境変数を使へばよいのでした。

PHPENV_CONFIGURE_OPTS="--enable-maintainer-zts" phpenv install php-5.6.4
sudo pecl install pthreads

できました。php.ini に

extension=pthreads.so

と追記します。Threadが使へるやうになりました。