読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

Art Blind-11 (P-MODEL アート・ブラインド アレンジ)

音樂 FuniSaya

FuniSaya版のSpinorNetworkともいへるansuzが未だ終はってゐないのだが、シキが苦しんでるのをただ待ち尽くしてゐるのも埒が明かないので、次の事を始めた。

title: Art Blind-11
artist: P-MODEL, FuniSaya
license: :music => Not authorized, :movie => CC by-sa 3.0
date: 2014
original: P-MODEL "アート・ブラインド" in "IN A MODEL ROOM" 1979
久し振りのアレンジものである。2011年に作って、一部の人間には公開したものをベースにしてゐるから、作業としては、シンセサイザーを調整して、ミックスを再構成したくらいだ。動画はすだれをベースにして写真を集めた。
音楽のほうは、当然了承を得ずに行ったまったく無礼で言い訳のしやうもないものだが、音楽を除いた映像に関しては、CC by-sa 3.0 (表示-継承) とする。Creative Commonsの体系で唯一フリー (free、自由) なライセンスだ。CC by (表示) は単なる不自由の強制であって自由ではない。ましてや nc (非営利) や nd (改変禁止) は邪悪である。ライセンスに就いては別で書かう。
音楽に就いては語らぬ。総体的に手抜きだ。アート・ブラインドを素材にえらんだのは、その頃にてごろだったといふ以上の理由は無い。
セリフは原曲からのサンプリングに、初音ミクとUTAUの根音ネネと無料のコーラス音源を使った。使用した楽器は、Synth1と無料のオーケストラ音源、DAWはJeskola Buzzである。


ヒラサワ関連のアレンジは、他に以下を公開したことがある。

東京にゐる身としてはもう何年も前に成ってしまったが、東北を襲った津波に関してのアレンジであった。
当時の地震に就いての記述をこのblogに探したが見付からなかった。だうやらノートに手書きしてあるだけらしい。原発に就いては以下にある。
cf. 原発については賛成でも反対でもないし http://c4se.hatenablog.com/entry/2012/07/09/225244
少しつけ加えたいことはあるが、大筋は変わってゐない。これも別で書かうとおもふ。