c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

Vimでfileの内容を暗号化する

memoを録って保存しておきたい。然し直ぐに見れるようにはしておきたくない。一寸passwordでも掛けておけないか。
暗号化の強度がたいして強くなくてもいいのなら、Vimに標準で機能がついている。例えば以下のtext、

シークレット

此れをpasswordと云うpasswordで暗号化し保存しよう。

:X

と打てば、Vimからpasswordを二回聞かれるので、二回ともpasswordと入力する。然して保存しよう。中には以下の様なtextが保存されている。

"<c7>b<99><87>^^<bd>^K~K#z<f7><ab>7<f7><c9>

取り敢えずは暗号化出来た。:h encryptionを見よ。
暗号化法は、defaultではpkzip、他にblowfishが使える。其れ程に強力でもないから、あんまりにも大事過ぎるdataの被匿には使わない様に。
はて。opensslでも呼び出す拡張でも書けばいいか。


cf. viエディタで暗号化テキストファイルの作成とcryptコマンド - へたれ技術者のメモ記録 http://jp1jsm.blog114.fc2.com/blog-entry-42.html
cf. vimの暗号化 - 何とかなるかも http://d.hatena.ne.jp/masu_mi/20120111/1326297904