c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

ImageMagicで影付き文字を入れる。

追記20121202
増強しました [ImageMagicで影付き文字を入れるRuby scriptを増強しました]( http://c4se.hatenablog.com/entry/2012/12/02/005226 )

Rakefileで。
ImageMagickは、画像にfilterをかけていったり、画像の情報を調べたりする、CUIツールです。convertとかidentify等の、複数の実行fileで構成されています。
identify -format "%wx%h" FILENAMEにて画像の縦横sizeを調べ、
convert FILENAME -pointsize 100 -fill black -annotate +LEFT+TOP "ANNOTATION" -fill white -annotate +LEFT+TOP "ANNOTATION"と云う長ったらしいcommandで、画像の右下へ影付き文字を入れました。詰り、先ず黒い文字 (影) を入れ、少しずらして白い文字を重ねて入れています。コマンドライン引数の様に見えて、実は簡易スクリプトの扱いですね!

def convert input_dirname, output_dirname
  imagemagick_dirname = 'C:/Program Files (x86)/ImageMagick-6.7.9-Q16'
  annotation = '(C) TAN'
  annotation_width = 480
  annotation_height = 80
  Dir.glob("#{input_dirname}/*.jpg") do |filename|
    (width, height) = `"#{imagemagick_dirname}/identify" -format "%wx%h" #{filename}`.split(/\n/)[0].split(/x/)
    left = width.to_i - annotation_width
    top = height.to_i - annotation_height
    sh %Q{"#{imagemagick_dirname}/convert" #{filename} -pointsize 100 } +
       %Q{-fill black -annotate +#{left+5}+#{top+5} "#{annotation}" } +
       %Q{-fill white -annotate +#{left}+#{top} "#{annotation}" } +
       "#{output_dirname}/#{File.basename filename}"
  end
end

task :default do
  output_dirname = 'copyrightInserted'
  convert 'mastered', output_dirname
end