読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

スネアロールを作ろう

音樂 JeskolaBuzz

JeskolaBuzzで。
[.。oO(さっちゃんAdvent Calendar) http://atnd.org/events/22829 ]4日目

セッティング

JeskolaBuzzのインストールとプラグインのセッティングはできていると仮定します。

スネアロールとは

スネアというのは小太鼓です。
ロールというのは、タンタンタンタンじゃなくて、タララララララララララってやつ。ァンの響きが聞こえずに、次のタが来るので、タララララララララララララ。
叩き方方は一つではないようですが、原理としては、太鼓を叩いた時の、膜からの反射を使ってバチを上げ、重力あるいは手首の力で復た直ぐに落とします。一度目は腕の力、二度目以降のラララは腕を使いません。

腕で下ろすタは強く、重力あるいは手首で落とすララはそれより幾分か弱くなります。これを再現します。

ディレイで作る

故に、ディレイを使います。原理を見るかぎり、ディレイでできそうです。
世のDTMerには、律儀に細かくスネアを打ち込み、ヴェロシティを調整してロールを再現する賢者もいらっしゃるようですが、FuniSayaは怠け者集団なのでディレイをつかいます。
JeskolaBuzzを立ち上げ、ErsSnare -> (Master |Delay -> Master)と繋ぎましょう。

ディレイのDryThruは0にして、Feedbackも0.0%にします。Length unitをtick/256にして、LengthとWet outを納得のいくまで調整しましょう。

実例

FuniSayaのスネアロールは全て此の方法です。
[東方絆繋録 http://miohosina.moe.hm/kidunaroku/index.html ]の謀なる二次覚醒も此れです。
Star Tale (Ash Feather Federation ver.)[ http://hanenosu.nobody.jp/haibane27.html ]の初めのところとか、
[Ancient Citizen http://tohomomotaro.heroku.com/ ]の常ツ国の眠りも此れです。
ももんがの☆ワクワクドキドキ♪一人旅♡ part1の二曲目もそうでした。


できてますね!