c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

ももんが、且つ、CDミックス #c4se

全然更新してねえ。元々更新されないblogに記事が書かれなかったからと云って、何の驚く事が有ろうか?
僕が驚くわ。


さて、プログラムとかしてない。させて呉れ。時間が!!
してる事はM3即売会の準備である。 - M3-2010秋<第26回即売会> [2階 カ045] *Lotus Gate
2枚のCDを新たに出す。


一枚は、FuniSayaとして名を付ける前に作った、28曲をFLACにしてdata CDに詰め込んだだけのもの。こちらの作業は無いに等しい。楽な事だ。


もう一枚は、bRやKagarisukiにも曲を提供して頂いた(というより簒奪して事後了解を取ると云う散々な事をしたが)、志姫平惟さんのCDプロデュースである。
単純にMIDI鳴らす丈だったら、超楽だったんだけどね。
ちょっと始めての事をしすぎて、時間を掛けてしまった。
そんなCDを有料提供はできんでしょう、と云うことで、其所は此ちらの我侭で、音作りからやらせていただいた。もともとMIDIとしてだけ作られていた譜面である。そんなものをアレンジせずにCDとして聞かせるのは無理なのだが、無理を無理のまま押し切ってみた。
よって音は、FuniSayaっぽい作りになっている。成りかけている、と云う方が正しいのであって、あれほど変態的な音はしていない。なるべく常識的なミックスを心掛けたつもりで、それが始めてだった。
すでにオーディオデータは出来上がり、カバーデザインやデモ動画などもあがってきた。そろそろ作業もおわりにできる。
まだまだM3が先の話なので、デモのお披露目などは、先になるかもしれない。


と、一息つける様な人生を送ってないので。次の作業が目白押しなので。あーあ、死ねばいいのに。
作業以外してないのかって? 然う云う事は書かない丈。