c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

convApp 0.4 フォントを知ってる正字⇔俗字変換機 #javascript

追記2015-12-25
現在使ってゐる新しい手段。
新字を舊字に (ほぼ) 自動で変換する - c4se記:さっちゃんですよ☆
Unicode舊字をAndroidで表示する為に、Notoフォントの部分フォントを作りWebフォントにする - c4se記:さっちゃんですよ☆


はい、convApp自体に変更は一切ありません。convApp.jsの更新です。裏方ですね。

change log
0.4 - 20100413
es5.jsをconvApp.jsから分離
uu.font.js, detectFont.js追加
convApp.jsに、「指定のフォントにグリフが存在しない文字のみ正字→俗字に変換」する関数を追加:convApp.str_ortho2simplByFont(str, font)

download: http://cid-448898d168ddc7e1.skydrive.live.com/self.aspx/%e5%85%ac%e9%96%8b/ta%5E_Apps/convApp/convApp%200.4.zip


detectFont.jsも、convApp.jsの変更も、イリア戰記?での使用の為です。
附属のuu.font.jsは、uupaa.jsの、uu.jsとuu.font.jsをくっつけた丈の物です。

detectFont.js

新顔ですね。

//depend: uu.font.js

(function(){
//export: detectFont.detectFontByElement, detectFont.detectCharByFont, detectFont.detectCharByElement

var _cashe = {};


/*
 * @paran char :String
 * @param font :String
 * @return :Boolean
 */
var detectCharByFont = function(char, font){
  var cashe_font, zenkaku;
  if(char.length !== 1){throw Error('detectCharByFont(): <char> must be 1 charactor (not charactors or blank)')};
  if(char.charCodeAt(0) < 2000){return true};
  
  if(!_cashe.font){_cashe.font = {infont:[], nofont:[]}};
  cashe_font = _cashe.font;
  if(cashe_font.infont.indexOf(char) !== -1){return true}
  else if(cashe_font.nofont.indexOf(char) !== -1){return false}
  else{
    zenkaku = uu.font.metric('144pt '+font, 'あ').w;
    //return window.getComputedStyle(detectElm).width;
    if(uu.font.metric('144pt '+font, char).w <= zenkaku/2){
      cashe_font.nofont.push(char);
      return false;
    }else{
      cashe_font.infont.push(char);
      return true;
    };
  };
};


/*
 * @paran char :String
 * @param element :Element
 * @return :Boolean
 */
var detectCharByElement = function(char, element){
  return detectCharCodeByFont(char, uu.font.detect(element));
};


detectFont = {
  detectFontByElement: uu.font.detect,
  detectCharByFont: detectCharByFont,
  detectCharByElement: detectCharByElement
};
})();

detectFont.detectCharByFont(文字, フォント名)で、指定のフォントに欲しいグリフが存在しないと見做された場合にfalse、存在するらしい場合はtrueを返します。
飽くまで「漢字」のグリフが存在するかを探る物です。unicodeコードポイント0x2000以下は、英数文字と見做して無理矢理trueを返します。何か勘違いしてるに違いないので、宜しく御願いします。
detectFont.detectFontByElement(ElementNode)はuu.font.detect()のコピーですが、指定の要素ノードで実際描画に使われているフォント名を返します。

前バージョン

convApp 0.3
俗字←→正字、相互変換出来る様にしたよ! #c4se - c4se記 - http://d.hatena.ne.jp/Kureduki_Maari/20100212/1265937568

後書き