c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

c4seFDL - 新しいライセンスを作った。

FAQ.とかついたのは、また今度。

c4seFDL 0.1 - 20081225
(著作権表示)
----------------------------------------
1. 上記著作者は、「著作権」「著作権人格」を共に放棄しない。
2. 当著作物を改変せずに使用する事は、「引用の目的上正当な範囲内の引用(下
   記)」と認められる場合にのみ許可される。又この時、引用が当著作物から成
   された事を明示しなければならない。
  2-1. 当著作物を改変せずに使用する場合、引用は常に部分に於いて成されるべ
       きであり、切断することが不可能なものを除いては、著作物の全体を引用
       することは認められない。
  2-2. 前項の例外として、非営利でのみの引用に於いては、全体を引用すること
       も認められうる。
  2-3. 或る著作物が当著作物全体あるいはほぼ全体を引用し、また本体がその引
       用だけから成る場合、営利・非営利に関わらず、「引用の目的上正当な範
       囲内の引用」とは認められない。
  2-4. 引用された部分、或いは全体の著作権はまた上記著作者に属する。但し引
       用を行った側の著作物総体に関しては、引用先の著作者に著作権は属する。
  2-5. 引用に於ける意匠・文章の改変は認められない。
    2-5-1. 文章の翻訳による改変は認められうる。翻訳後の文章の著作権は翻訳
           者にあり、非営利であれば無制限に使用できる。
    2-5-2. 技術的制約により止むを得ない場合は、最低限の改変は認められうる。
    2-5-3. 使用される状況に於いて意匠上ふさわしく、その変化が当著作物に重
           要な差異を示さない場合は、最低限の改変は認められうる。
3. 当著作物の「二次創作」に於ける利用、又は非営利での「意匠に於ける利用」
   を許可する。
  3-1. 「二次創作」とは、当著作物の世界観や総体の下に、上記著作者以外の著
        作者が、新たな著作物を創作する事をいう。二次創作に於ける著作者を
        「二次著作者」と言い、二次創作による著作物を「二次著作物」と言う。
        二次創作は営利・非営利に関わらず許可される。また二次創作物の著作
        権は、二次著作者の自由にでき、上記著作者はそれを制限しない。
  3-2. 「意匠に於ける利用」とは、当著作物の一部あるいは全体を、新たな著作
       物の意匠の一部として利用することであり、第二条「改変せずに使用する
       事」には当たらないと見做す。これは非営利の時のみ許可であり、営利で
       利用する場合には別に著作者の許可を必要とする。
4. もし上記著作者が、以上第二条・第三条に不満であり、事前意図として異例を
   設けたい場合は、以下に「特記事項」を記し意志を示してよい。以上第二条・
   第三条と、以下「特記事項」に矛盾がある場合は、以下「特記事項」を優先す
   る。
(特記事項表示)
5. 当ライセンスに於いて禁止されている事項であっても、別に上記著作者の許可
   を得ている場合は、その許可の内容を優先する。

このライセンス文書は NYSDL Version 0.9982 の元で公開されています。

c4seFDL 1.0