c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

患者は医療をやる気を持て。

女医^^遊佐奈子のお気楽!さん「読売新聞 医療を変える お前に言われたくないわ!」
 http://nakoyusa.blog42.fc2.com/blog-entry-907.html

もう、マスコミになんて、心配してもらいたくもないし、対策も考えてもらいたくないと感じずにはいられない。
どうせ、医者=悪という枠からはみだしては議論してくれるはずもないのだから。
政治家が何をやっても、どんなに広報活動しても、悪い人間のようにしか報道してもらえないのと同様、医者もそういう扱いしか受けられないのなら。
医者なんてやめちゃえ!ってなると思う。
少なくとも、そんなに訴えたい、医者に責任を取らせたいなら、医者の取れる手段はタダ一つ。
そういう危ういことに手を出さないこと。

医者も、救急も時間外診療もサービス残業も、高度な医療の提供も、安い医療費でこき使われるのも、そして、国民皆保険も、、、。。。。
やめちゃえばいいじゃんって。
そして、危機感を持って、医者を人間として扱ってくれる自治体や地域にだけ、マトモな医療が提供されるような社会にしちゃえばいいんだって。
私は既に、感謝されない、患者が医者や医療スタッフ、病院と対等な立場で医療の仕事が出来ないなら、、、医者なんてやりたくないと思うし、やる気も既にない。

医師とは喰ってくための仕事であるのだから、とても正しい。
民間で「えぇい、俺がやる!」とかいう金のある人がいたらいいのだけれども。医師や看護師や医療従事者以外、医療よやる気がある人は一人もいない。
病気がいやならもうちっとやる気を持て。