c4se記:さっちゃんですよ☆

.。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

.。oO(此のblogは、主に音樂考察Programmingに分類されますよ。ヾ(〃l _ l)ノ゙♬♪♡

音樂はSoundCloud等バラバラの場所に公開中です。申し訳ないがlinkをたどるなどして探してください。

考察は現在は主に此のblogで公表中です。

programmingは、ひろくみせるものはGitHubで、個人的なものはBitBucketで開発中です。

c4se

織り目pli / 文様pli ――折り目pli

「脱線グリッシュ(田中 十督日記)」さん
 http://d.hatena.ne.jp/jdeluxefootball/20080217
これはさすがに褒めすぎじゃないの、と思うけど、でも僕もこのぐらい言ってるかなぁ。

キムタツ先生「もっと高く!もっと遠くへ!」
 http://blog.kimu-tatsu.com/archives/386
僕は高校の生徒だったので(と、強制トラックバックする)。Amazon本へのリンク張っとくんで英語の勉強を考えてる方は参考にして。

Amazon.jp Search「木村 達哉」 http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%96%D8%91%BA+%92B%8D%C6&Go.x=0&Go.y=0
http://www.kimu-tatsu.com/books/ ←公式サイト

人に話すときに僕が困るのはものぐさ。しうる限り纏めてしまう。必要な情報とその組み方は言うんだけどもそれだけ。話すよりは秘密にするほうが得意です。親で鍛えられた長年の成果ですよ、いらねぇ。
理由はわかります。文章家として僕は「書く者」であり「読む者」ではないからです。
コトバに作者と読者がいると言ったのはシキですが、

  • 20080214 囁き(うたかた)♪

<ついばむ>

断片をどう繋げるか
糸を接いで
逡巡するのはだれなのか

二つの世界があって
あのひとと
あなたとは
どう違うのか
――は謎なのだ
世界はそれを知らぬのだから

布を紡ぐ織り目
織りあがった紋様
たがいにとどかぬ
哀しさか


糸はそれを知らぬ


以上、シキなのです。
最近、詩には作者と読者がいるんだということにきがつきました。
遅いというなかれ。詩とはコトバなのだから、これは驚くべきことなのです。

さ、バレンタインデーです。ははは…………(乾いた笑い)
ははははは

シキに悪態をつく↓
└lunatic_faily@yahoo.co.jp

c4se
http://c4se.sakura.ne.jp/
鯖を変えました

という無茶をしてくれましたが。乾いた笑い、ってなんだ。
シキは頑強に作者や読者の存在を否定してきました。それがどうして。翻したのか?
いや、「詩とはコトバなのだから、これは驚くべきことなのです」とやっている以上翻してはいない。つまり詩のコトバとして、読者や作者がいるということ。詩とはコトバであるという点は一切ぶれていない。コトバの二つの端点である。
そして、作者とは文章の織り目であり、読者とは文様である。